Tsuyama chuo hospital  Okayama university Proton BEAM     TOP BEAM   岡山大学・津山中央病院共同運用 がん陽子線治療センター              

>
>
主な適応疾患、副作用について

適応例(一般的に陽子線治療で治療できるがん)

 「適応」とは「その治療を行うことで患者にとってメリットのある状況」を意味します。
陽子線治療の有効性が確認されている代表的な適応疾患は、前立腺がん・肝がん・頭頚部腫瘍(副鼻腔がんなど)肺がんなどの塊状の腫瘍です。


 陽子線で治療できる病気は以下に示しますが、部位・年齢・体内の動きや病気の状態により、治療の開始可能時期が異なりますので、陽子線治療の適応対象かどうかについては「陽子線治療外来」にお問い合わせください。
 

 

主な適応疾患  

 

頭蓋底腫瘍
頭頚部がん
脳腫瘍
肺がん
食道がん
縦隔腫瘍
肝がん
胆管がん
膵がん
腎がん
前立腺がん
膀胱がん
直腸がん術後再発
骨軟部腫瘍
小児がん(保険適応)
子宮がん
その他の固形がん

※ 先進医療適応条件は今後変更になる可能性があります。

 

 

 

 副作用について

 

 通常の放射線治療で用いられるX線は、体内に入るに従って吸収される放射線量が徐々に減少するので、病巣の前後にある正常の組織も同等の線量を受け、副作用を生じる原因になりますが、陽子線の場合には病巣のみに効率よく線量を集中でき、副作用を少なくできます。

 

 

よくある質問 FAQ